type-1
キーワードについて考える!

 これは広告全般に言える事なのですが、タイトル、キャッチフレーズ、商品名など”Key”になる言葉があります。これをキーワードといいますが、実際に販売されている商品などでもこのキーワードで売り上げが変わります。

 100円ショップなどでよく売られているプラスチック製品ではネーミングを変える事がよくあり、これでヒット商品になったものも数少なくありません。

 皆さんも知っている”コピーライター”はこういった言葉を考える仕事で、ちゃんと職業になってるのですから需要はかなりあるんです。


 つまり何が言いたいかというとメール広告なども含め広告を出す場合、短い文章でより多くの人に次を見てもらう文章の良し悪しでアクセス率、そして収入など大きく変わってしまうという事なのです。

 特にメルマガ広告で独占広告を行う場合にはメールのタイトルが大きなウェイトを占める訳ですが、実際に判断する文章と言うのはアウトルックで言えば『送信者』と『件名』の部分だけです。

 多くの人は独占広告が入ってくる環境になれば、当然メールの数も多く全てに目を通すわけではありません。
 また、ビジネス指向の人の場合にはより多くのメール広告に目を通しているという《経験》を積んでいるため、ウソっぽいものや過去に見て内容の乏しいものなどは開く前に捨てられる運命にあります。

 私も含めてですが、”簡単”とか”知らない間に”とか”誰にでも”いうタイトルで入ってきた場合、まず胡散臭さを感じて内容まで読まない事が多いのも事実ですし、グループなどで提供されたタイトルや文章などをそのまま掲載すると《またか!》という感じで次は見なくなります。

 言い換えれば、自分の言葉で少しでもオリジナリティのあるものの方が見られやすいのが現実だと思います。

 また、ビジネスを前向きに考えているのであれば、当然1日500通を越えるメールが入ってくる状況になると思いますので、流し読みしながらでもどんなフレーズでクリックしてみようと思ったかを記録しておけば今後の参考にもなると思います。


 とにかく広告はHPにどれだけの人数を連れて来れるかが勝負な訳ですから、そこにたどり着くまでの間、簡潔明瞭でキーワードが生きている文章を心がけたいものです。


最後に一言
“人と同じ事をやっている間はその人以下”

つまり成功を考えればオリジナリティは必須条件と思ってください。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO